空腹時の胃痛や膨満感は胃炎や十二指腸潰瘍の疑いがある


特に何かをしていたわけではないのに何故か空腹時に胃痛を感じたり
膨満感、腹痛、胸焼け、吐き気、不快感、もたれ、ゲップなど様々な症状に悩まされることはないでしょうか。

全てに当てはまらなかったとしてもここ最近こういった症状に悩まされているのであれば、
胃炎の疑いがあるので一度病院に行って検査を受けるようにするといいかもしれませんよ。

必ずもこの病気というわけではありませんが、空腹時の胃痛や腹痛、膨満感といった症状があるなら
胃炎十二指腸潰瘍などの疑いも出てくるので油断したりしないで
医師に診てもらって適切な治療を受けるようにしましょう。

空腹時の胃痛や腹痛、膨満感などといった症状はずっと感じるものではなく、
何かものを食べればその時だけは症状を和らげることができるとされています。

なので、ただお腹が減っていただけなのかと勘違いしてしまう人も多いのですが、
もし空腹時に痛みを感じたりしていたのに食事をすると治まるといったことが何度も続く場合は
注意するようにして症状が長く続くのであればすぐに診察を受けてください。

食欲が急に落ち込んだりするわけではないのでなかなか分かり難い部分もありますが、
細かい所に気が付けるかどうかが病気を重症化させないためのポイントですので、
日頃から体調チェックなどは怠らないようにするといいですよ。
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹感がないのは病気のせい?


普通であれば食事をしてから次の食事をするまでに空腹感があるかと思います。
特に一日中体を動かすような仕事をしていたり、
学校で部活動に励んでいるような人であれば尚更なのですが
中には体を目いっぱい動かしているのにあまり空腹感がないという場合は
少しばかり注意した方がいいかもしれませんよ。

私たちはなぜ空腹だと感じるのかというと、腸が活発に動いて食べ物が入る隙間を作るからなのです。
多くの人が胃の中に食べ物が無くなるからだと思うかもしれませんが、
胃の中の食べ物は大体12時間程度時間が経たないと完全に空っぽになることはないのだそうです。

ですが、腸が活発に動いて隙間を作ると
その部分に食べ物を入れることができるようになるので、お腹が空くのです。

ですが、中には空腹感がないという人もいます。
これはなぜなのでしょうか?

空腹感がない場合は病気の疑いがあります。
全く食べていないのに空腹感がない場合は慢性胆嚢炎や慢性嚢炎、慢性胃炎などなど
いろいろな病気があるので注意するようにしましょう。
また食欲不振である場合もあるのでまずは病院へ行って
自分はどんな病気なのか何が原因なのかをきちんと説明してもらうようにするといいですよ。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。