空腹時の胃痛や膨満感は胃炎や十二指腸潰瘍の疑いがある


特に何かをしていたわけではないのに何故か空腹時に胃痛を感じたり
膨満感、腹痛、胸焼け、吐き気、不快感、もたれ、ゲップなど様々な症状に悩まされることはないでしょうか。

全てに当てはまらなかったとしてもここ最近こういった症状に悩まされているのであれば、
胃炎の疑いがあるので一度病院に行って検査を受けるようにするといいかもしれませんよ。

必ずもこの病気というわけではありませんが、空腹時の胃痛や腹痛、膨満感といった症状があるなら
胃炎十二指腸潰瘍などの疑いも出てくるので油断したりしないで
医師に診てもらって適切な治療を受けるようにしましょう。

空腹時の胃痛や腹痛、膨満感などといった症状はずっと感じるものではなく、
何かものを食べればその時だけは症状を和らげることができるとされています。

なので、ただお腹が減っていただけなのかと勘違いしてしまう人も多いのですが、
もし空腹時に痛みを感じたりしていたのに食事をすると治まるといったことが何度も続く場合は
注意するようにして症状が長く続くのであればすぐに診察を受けてください。

食欲が急に落ち込んだりするわけではないのでなかなか分かり難い部分もありますが、
細かい所に気が付けるかどうかが病気を重症化させないためのポイントですので、
日頃から体調チェックなどは怠らないようにするといいですよ。
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難治性逆流性食道炎は再発しやすい病気


最近横になっている時や何もしていない時などに頻繁に胃酸が逆流してくる、
といった症状が見られる場合は逆流性食道炎を疑うようにすると良いかもしれません。

もし逆流性食道炎の症状がそこまで酷いものではいのであればすぐに治すことができるかと思いますが、
症状が重症化してしまっている場合は「難治性逆流性食道炎」と診断され、
治すことはできますが逆流性食道炎再発が起きやすくなってしまいます。

難治性逆流性食道炎は市販薬でも十分に効果を期待することができると言われていますが、
市販薬の場合は治すのではなく一時的なもので、
効き目がある時は緩和されるのでいいかもしれませんが切れるとまた症状が現れるようになります。

ですので、きちんと治したいのであれば病院へ行って医師の指示に従いながら
治療を行っていく方がいいでしょう。

また、難治性逆流性食道炎と診断された場合にはプロトポンプ阻害剤という薬を利用することができるようになり、より高い効果を得られるので自力で治すよりかは医師に任せた方がいいですよ。

ただ、このプロトポンプ阻害剤の利用は難治性逆流性食道炎と診断された人でしか許可できないとされているので、全員がこの薬を使えるというわけではないようですね。
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃痛を和らげてくれるツボ


食後に胃痛を感じたり空腹時に胃痛になるという人は多く存在しています。
この胃痛は胃酸過多症なのか胃炎なのか
胃潰瘍なのかなどという判断は病院へ行かないと分かりませんが、
毎日胃痛で悩まされるのはもう勘弁してもらいたいと思っている人はたくさんいるでしょう。

薬を飲んでいるけれどなかなか良くならない人もいると思います。
もし、胃痛で悩んでいるのでしたら、胃痛に効くと言われているツボを押してみてはいかがでしょうか。

ツボ押しをしたからと言って必ず効果が現れるものでもありませんが、
体の中にあるツボには胃痛を和らげてくれるツボも
確かに存在しているので試してみる価値は十分にあると思いますよ。
胃痛に効果のあるツボは中かんと呼ばれている所と足三里(あしさんり)、合谷(ごうこく)、
と呼ばれる部分です。

中かんはへそとみぞおちの中心部分にあるツボで、
その部分を押す時は息を吐きながら行うようにするといいでしょう。
また、足三里は親指をすねの部分にくるようにして手を置いた時に、
小指が当たっている部分を足三里と言い、そこを押す時は親指で強めに押すようにすると効果的です。

そして合谷は手の甲の部分にあるツボで、
人差し指と親指の骨の付け根部分から少し指先側に移動した所にあります。
その部分を長く、そして強めに押すようにすると良いです。

ツボ押しで効果があるかはその人によって変わってきますが、
これらのツボは胃痛に良いと言われている部分なので簡単にできるのでやってみてはいかがでしょうか?
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慢性胃炎の症状と治療法


慢性胃炎は胃粘膜に炎症が起こってしまう表層性胃炎と、
胃粘膜が縮んで薄くなり胃酸の分泌が少なくなってしまう委縮性胃炎の二つがあります。

詳しく分けると二つですが、どちらも慢性胃炎と呼ばれており症状も似ています。
といっても中には症状を感じない人がおり、むしろそっちの方が多いとされています。
症状があまりないので病院で診てもらって初めて慢性胃炎だと知ったという人も少なくはありません。

症状がある場合は胸焼けや胃もたれ、嘔吐、深夜や空腹時の胃痛などがあります。
症状がないといつ慢性胃炎にかかったのか分からなくて怖いと思う人もいますが、
死亡する事はまずないので落ち着いて少しでもおかしいと思ったら病院に行くようにしましょう。

また、慢性胃炎の治療法ですがどんな事が原因で病気になったのかによって治療法は変わります。
吐き気や胸焼けといった症状がある場合は胃や腸の機能を整えるための薬を処方され、
ヘリコバクター・ピロリ菌に感染してしまっている場合は薬物投与で治します。

もしストレスが原因で慢性胃炎になった場合は
ストレスを抑えるための抗不安薬という薬を使った治療法で治していきます。
原因によって飲む薬は違いますが基本的には薬で治してしまう事が多いようです。

ただ、慢性胃炎は死亡する事がないといっても胃がんになってしまう可能性があるものなので、
気楽に考えずにしっかりと治していきましょう。
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆食改善プログラムとは


逆流性食道炎にかかってしまうと日々の食事だけではなく
生活にまで支障が出てしまう事があるのでなるべく早くに治してしまいたいですよね。
食べ物を食べたら胃酸が逆流して不愉快な気分を味わいたくは無いですし、
何でもない普段通りの生活を早く手に入れたいものですが、
もし早いうちに病気を治したいのであれば逆食改善プログラムというものを実践してみるといいかもしれません。

逆食改善プログラムとは福辻鋭記という医師が考えた治療法で、
薬などを飲まずに自宅で簡単にできると言われている画期的な治療法です。
福辻鋭記さんはテレビに出演した事があるので知っている人もいるんじゃないでしょうか?

この医師が教えている逆食改善プログラムを実践すれば
長期的に薬を飲んでも治らなかった逆流性食道炎が徐々に治ってくるそうです。
実際、逆食改善プログラムを実勢してこの病気を改善させる事が出来た人は多くいるようですし、
特に変な事をしているわけでもないので自然とこのプログラムに馴染む事ができると思います。

逆食改善プログラムで行っている事はとても簡単で、
日々の姿勢を正したり胃を健康な状態に整えてあげたり
食事を改善させる事を自然と病気を治していくものです。
薬を飲んでも治らないのに無理だと思う人もいるかと思いますが、
効果は高いと評判なので調べるだけでもしてみるといいかもしれませんよ。
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民間療法で胃酸過多症を改善する


胃酸過多症というとちょっと危ないような感じがしますが、一般的には胸焼けと呼ばれています。
胃酸過多症の主な症状は胃液が逆流してすっぱく感じたり、
胸が焼けるような感じがするものでとても不愉快な気分になりますが、
この胃酸過多症は民間療法で簡単に治す事が出来るんですよ。

例えば大根おろしを作ってそこに醤油をかけます。
それを食事と一緒にとるととても高い効果を期待する事ができます。
この他にも大根おろしと玉ねぎ、トマト、
レタスなど5種類以上の野菜を生で食べる事で胃酸過多症の症状を抑える事ができます。

昆布を焼いて食べるのも胸焼けには効果があるので足す価値はあると思いますよ。
ただ、こういった食べ物を毎食食べていたとしても
食事のメニューに問題がある場合はあまり効き目がない事もあるので注意しましょう。
民間療法だとお金もそこまでかからないし簡単にできるのでおススメです。

胃酸過多症に悪い食べ物は肉、コロッケや天ぷらなどの脂っこい食べ物、
糖分がたくさん入ったケーキや駄菓子などで、
飲み物でいうとお酒全般、コーヒー、炭酸類などが良くないとされています。
ただ、これらを食べるなとは言えないのでそこまで我慢する必要はありませんが、
食べる量、飲む量には気を付けるようにしてください。

民間療法は意外と侮る事ができないので一度試してみてはいかがでしょうか?
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慢性胃炎のための食事


慢性胃炎は他の胃炎よりも危険度が少ないとは言え、
注意しないと胃がんにつながってしまう病気なので発覚したらきちんと治さなければなりません。
しかし、ただ薬を飲めばいいというわけではなく、
私たちが普段食べている食事にも気を付ける必要があります。

慢性胃炎は胃酸が過剰に分泌されてしまっていたり
胃粘膜が委縮してしまって分泌される量が少なくなってしまったりします。
また炎症が起きている場合もあるのでなるべく胃に優しい食事を心かげるようにしましょう。

慢性胃炎である場合はなるべく食べる量を少なくして胃酸の分泌を多くしない事が大切です。
なのでいつも食事は腹八分目程度に抑え栄養価の高い食べ物を食べるようにしましょう。
そして脂っこい食べ物や肉類などはできるだけ食べないようにするのもいいでしょう。

どうしても食べたい場合はひれ肉やささみなどの脂肪分が少ない物を食べるようにしてください。
また、牛乳や卵、ヨーグルトといった乳製品系の食べ物は
胃を守ったり胃酸を中和する働きがあるのでおススメです。

1回に食べる量が少なくてお腹が空いてしまう場合は、朝と夕方に少しだけ間食をするのも良いでしょう。
規則正しい生活を行っていけばいつの間にか治るし健康にもいいので
病気が治った後も継続して続けていくといいかもしれません。
posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。