難治性逆流性食道炎の治し方


難治性逆流性食道炎は症状が重症になっているときに診断されることもあります。
食道炎の中でも再発しやすいので、できるだけ医師の指示にしたがって
再発しないように生活を改善していくことが改善の近道と言えます。

プロトンポンプ阻害剤(PPI)といった効果の期待できる薬などもありますので
しっかりと服用して、飲酒喫煙などを控えるようにすることが絶対条件です。

難治性逆流性食道炎が治らず症状が再発などする場合、
合併症や食道狭窄が起こる可能背も出てきます。

症状が比較的軽症の場合は運動療法による内臓脂肪の低下で
改善もできますので、治ったと自分で判断せずにお医者さんの言うことを
素直に守るといったことが完治することにつながります。

医師によって投薬のタイミングや薬の種類の違いがありますが
難治性逆流性食道炎の原因を見極めてあせらず、じっくり治していきましょう。
生活習慣を変えることが一番大切です。
posted by 食道炎 at | 逆流性食道炎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭の原因は逆流性食道炎?


逆流性食道炎になるといろんな症状が出るようになります。
食道付近まで胃酸が逆流してきたり、食べ物を食べると胸焼けをするようになったりします。
これらの症状は特に自分だけが感じるものなのですが、
症状はこれだけではなく口臭がきつくなるというのも逆流性食道炎の特徴です。

毎日歯を磨いたり口臭ケアには気を使っているのにも関わらず
何故か改善されないと思っている人も多いでしょう。
それは喉の奥から臭ってくるものなのでどんなにケアしても軽減される事はないようです。
また、これまで逆流性食道炎だと思っていなかった人でも口からというより
喉の奥から臭ってくる場合はこの病気を疑ってみるといいかもしれません。

そのまま放っておいても一向に良くはならないですし、早く治してしまいたいのであれば
病院で適切な判断をしてもらい症状を改善させるために薬を貰うようにしましょう。
ただ、もしかしたら口臭の原因は逆流性食道炎ではないかもしれません。

もっと重い病気にかかってしまっている場合もあるので先延ばしにしないようにしましょう。
早く治療をしていけば今まで気になっていた口臭ともおさらばする事ができるようになります。
それに他人に気を使う必要も無くなるので
とりあえず原因を突き止めるためにも行ってみてはいかがでしょうか。
posted by 食道炎 at | 逆流性食道炎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆流性食道炎を抑える市販薬


逆流性食道炎の場合は薬で治療する事ができますが、
診察をする時は胃カメラを飲んだりする必要があるのでできればしたくないという人が多いと思います。

中には一回逆流性食道炎を患って治ったものの再発してしまった人もいるでしょう。
その人は特に胃カメラを拒んでしまうと思いますが、
病院でもらう薬ではなく市販薬で症状を抑える事はできるのでしょうか?

市販薬の場合は病院に行く必要もないし大っ嫌いな胃カメラを飲まなくて済むので
それが良いという人は市販薬を飲むのもいいでしょう。
この病気は胃酸が主な原因なので胃酸の分泌を抑えるような薬が必要です。
なので「ガスター10」や「太田胃酸」などの胃酸をあまり出さないようにする薬を探してみてください。

市販薬は病院で処方される薬のように効果が高くは無いかもしれませんが、
ある程度緩和させる事はできるでしょう。
まだ症状が軽い場合はこれだけでも十分効果があるのでいいかもしれません。

また、耳鼻科でも逆流性食道炎の診察をおこなってくれるそうなので、
内科に行きたくない場合は良く説明して診察を受けさせてもらうと良いですよ。
耳鼻科でも同じような薬を処方してくれるので
どうしても内科に行きたくないという場合は試しに行ってみてはいかがでしょうか?
posted by 食道炎 at | 逆流性食道炎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆流性食道炎の治療方法


逆流性食道炎とは胃酸が食道の方まで逆流してしまう事が原因で起こる炎症の事です。
これは最近の日本人に多く現れる傾向があるようです。
理由として挙げられるのは食の欧米化が原因とされています。

昔はそこまで肉を食べたりする事もなく、ほとんど野菜や魚でしたが
欧米化が進むにつれて肉を好んで食べる人が多くなりました。
なので、この逆流性食道炎は年齢に関係なく起こる病気なのですが
もしこの病気にかかってしまった場合はどんな治療を受ける事になるのでしょうか?

逆流性食道炎の治療は主に日々の食事の仕方やその他の生活習慣を見直したり、
薬での治療が一般的とされています。
薬には胃酸の量を抑えるものや消化活動を促すもの、粘膜を保護してくれるものなどいろいろあります。
しかし、中には薬を飲んでも効果が無い人がいます。
こういった時には外科治療を受ける事になるでしょう。

外科治療は主に手術を行うので胸や腹部を切る必要があります。
手術を受ければ短期間で症状を改善させて元通りの生活を送る事ができるようになるので、
薬ではなく手術を受ける人も多くいるようです。
また、逆流性食道炎の手術は保険が適用されているので利用してみるといいかもしれません。
ただ手術の場合はお腹を切ったり内臓を切ったりするので後に痛みが来る事を忘れてはいけません。
posted by 食道炎 at | 逆流性食道炎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆流性食道炎になりうる食事の具体例


逆流性食道炎を防ぐには日々の食事に気を付けなければならないと言われていますが、
具体例をあげてどんな事に気を付けなければならいのか書いてくれないとちょっと分かり難いですよね。

逆流性食道炎は胃酸がたくさん出ると起こりやすい病気です。
なので胃酸をあまり分泌させないような食事を心掛けないといけません。

逆流性食道炎を起こしかねない食事の具体例を挙げるのであれば、
まず牛肉や豚肉などの肉を使った料理やコロッケ、天ぷらなどの脂っこい食べ物、
糖類が多く含まれているお菓子やケーキ、トウガラシを大量に使った辛い食べ物、
炭酸飲料や脂肪が多く含まれている食べ物です。

こういった食事を毎日続けて、しかも食べ過ぎと言わんばかりに食べていると
逆流性食道炎になる危険性が高まります。

ですので逆流性食道炎にならない為にはなるべく食べないようにしたり、
もしくはもう肉を食べないようにしたり、魚や野菜を中心にした食事にする事が大切です。
また、何よりも食事の量にも気を付けましょう。
満腹やそれ以上食べてしまうと胃酸が多く分泌されてその分逆流もしやすくなってしまいます。
それを防ぐためにも腹八分目程度に抑えておくようにしましょう。

逆流性食道炎を防ぐ具体例はあまりありませんが、
日々の食生活を見直すだけでも随分変わって来るので是非実践してみてください。
posted by 食道炎 at | 逆流性食道炎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。