難治性逆流性食道炎の症状と治療方法


皆さんは難治性逆流性食道炎という病気を聞いたことはありますか?難治性とは読んで字の如く治りにくいこと、また再発しやすいということです。そして逆流性食道炎とは胃酸や十二指腸液が食道へと逆流することで、食道の粘膜を刺激して粘膜にびらんや炎症を引きおこすという病気です。

その症状としては胸やけや胸部や喉の違和感、不快感、嘔吐(多くは過度のげっぷを伴うそうです)などがあり、恐ろしい病気と言わざるを得ません。

では何が原因で逆流性食道炎になってしまうのでしょうか?現在知られているものとしましては、ストレスや暴飲暴食、喫煙や飲酒でしたり、妊娠や肥満、便秘、運動などによる腹圧の上昇、消化不良などがあります。意外と身近なところに原因があるので、多くの人がなる可能性はあるということです。

もし逆流性食道炎の疑いがある場合、生活習慣を改善してみてください。それでも治らない場合や気がついた時には既に深刻と感じられた場合は病院へ行ってください。市販薬もあるそうですが根本的に治すことが重要ですから病院で医師の診察を受けて処方してもらうのをオススメします。

逆流性食道炎と診断されて処方される薬に、プロトンポンプ阻害剤という非常に効果の高い薬があるのですが、それを8週間服用して尚治まらない場合、難治性逆流性食道炎という診断が下される場合が多いです。本当に厄介な病気なので皆さんも普段から気をつけてください。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹時血糖値を下げるには


私たちの中には空腹時血糖値が高くて困っているという人も多くいるのではないでしょうか。
好きでそんな風になっているわけではないのですが、
この状態が長く続くようになってしまうと糖尿病になってしまう危険性があるので
空腹時血糖値が高くなりつつある人も一緒に空腹時血糖値を下げる努力をしていくようにしてみてください。

空腹時血糖値を下げる方法として有効なのはやはり食事の仕方と運動といったものかと思います。
普段何気なく食べているものでも実は血糖値が高くなりやすいものがあったりしますし、
食事をした後に何もしないでボーっとしていると下がるものも下がらなくなってしまうので、
こういったことに気を付けながら生活していくといいですよ。

食事をする時は脂っこい食べ物ばかりになっていないか、
塩分を摂り過ぎていないかということに気を付けるようにしてください。

脂っこい食べ物や塩分などは摂り過ぎると体にも良くないですし
太ってしまうこともあるので日頃から注意するようにしましょう。

その代わりに野菜を多く食べるようにするといいかもしれませんよ。
また、一日のうちでどこかに運動をする時間を取り入れるようにするのも
空腹時血糖値を下げるコツですので是非とも挑戦してみてはいかがでしょうか。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹時に胃痛や吐き気を感じたら


もし最近になって空腹時の胃痛や吐き気といったものを感じるようになったのであれば、
慢性胃炎の疑いをした方がいいかもしれませんよ。

空腹時の胃痛や吐き気だけではなく胸焼けや食事をした後にこういった症状が改善される場合は
慢性胃炎などの病気にかかってしまっていることが多いので、
少しでもおかしいと思ったらすぐに病院へいくようにしてください。

この慢性胃炎には若年型と高齢型の2種類あるとされており、
原因も大きく異なるようなので自分なりに判断できるように
何が原因で起こるものなのか覚えておくといいかもしれませんね。

若年型の慢性胃炎の場合は空腹時になると吐き気や胃痛といったものを感じるようになるのですが、
食事をとるとこういった症状を感じなくなります。
これは主に胃酸過多であることが原因とされていて、
空腹時に胃痛を感じたりするのは何も食べ物が無いのに
たくさんの胃酸が分泌されてしまっているのが原因のようですね。

高齢型の慢性胃炎の場合は胃の機能が低下したことにより起こるとされています。
胃の機能が低下するとげっぷが良く出るようになったり
食欲不振になるようになるのでこのような症状が見られる場合には注意が必要です。

ただどちらも治せる病気ですので放置したりせずにきちんと病院で治療を受けるようにしましょう。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンジタ食道炎は食道感染症で最も多い病気


人によって好きなことはいろいろありますが、食べ物が好きな場合は
食べることも好きな人が多くいますよね。

食べることが一日の中で最も楽しい時でストレス解消でもあるという人は結構いますが、
カンジダ食道炎という病気にかかると食べたくても食べ辛くなってしまう恐れがあるので
日々こういった病気に気を付けながら生活していくようにしてください。

カンジダ食道炎は食道部分の感染症の一つと言われている病気で、
感染症の中でもっともかかりやすいとも言われています。
免疫不全患者ある場合は普通の人よりさらに気を付けながら生活をしていかなければなりません。

カンジダ食道炎を発症すると食道部分に白いポツポツとしたものが大量にできるようになります。
これは胃カメラなどをすることで比較的簡単に見つけることができるでしょう。
この病気にかかったばかりであればまだ数は少ないですが、
ある程度進行している場合は見るのも嫌になるくらい多く現れるようです。

また、カンジダ食道炎になると嚥下障害や嚥下痛、口腔カンジダ症、
発熱といった症状が見られるようになるので
最近食べ物が飲み込み辛くなることが多いと感じるようになったら
一度病院へ行って検査を受けるようにした方がいいかもしれませんね。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆流動性食道炎の症状とは


昔は無かったけれど最近はなぜか胃酸が逆流してくるといった人が増えてきているようです。
この病気は逆流動性食道炎という病気で、
主な症状としては先程あったように胃酸が逆流してくるといったものがあります。

通常であれば胃酸が逆流するということはほぼないのですが、
逆流動性食道炎にかかってしまっている場合は頻繁にこういったことがあるので
自分にはそういった症状がないか思い出してみるといいですよ。

逆流性食道炎の症状はこの他にも吐き気や嘔吐、げっぷ、のどの痛み、
胸焼けといったものが見られるようです。

のどが痛くなる原因は胃酸が逆流してきてのどの粘膜に炎症を起こすからとされています。
通常、胃酸が上がってくることはそうそう無いので、
のどの粘膜などは胃酸などの強い刺激に何度も耐えられるようになってはいません。
それなのに頻繁に逆流してくるとのどの痛みを感じるようになるのです。

胸焼けに関してもこれと同じことが言えます。
胸焼けの場合はのどではなく食道部分に炎症が起こることでこういった症状を感じるようになります。
逆流動性食道炎の典型的な症状とも言えるので、
この2つが頻繁に起こるのであれば病気を疑った方がいいかもしれません。

また、吐き気や嘔吐といったものは病気が進行している時に現れるものなので、
こういった症状が現れた時にはすぐにでも病院へ行くことをおすすめします。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹時の胃痛や吐き気は慢性胃炎の可能性あり


普通は食後などに胃痛を訴える事がありますが、
そうではなく、空腹時に胃痛を訴えたり吐き気や胸焼け、腹痛などの症状が現れる人もいます。
もし空腹時に胃痛や吐き気などを感じ、食事をしている時に症状が和らぐというのであれば、
それは慢性胃炎という病気かもしれません。

慢性胃炎という言葉自体は聞いた事があると思いますが、
どういった症状があるのかまでは詳しくは知らない人も多いでしょう。
慢性胃炎は若年型と高齢型の二つに分けられています。

若年型の場合は空腹時に胃痛になったり吐き気を感じる、胸焼けなどの症状が現れます。
そして空腹時に感じていた胃痛が食事をすると軽減されるようになり、
とくにこれといって食欲の減退などはないのが若年型慢性胃炎と言われています。
腹痛.jpg
これに対して高齢型慢性胃炎の場合は食欲不振やげっぷ、もたれなど胃の機能が低下した事による胃炎が主な症状とされています。

若年型慢性胃炎の場合は胃酸過多が原因となっているので、
胃酸の分泌量を抑えるための薬が多く使われるので
薬を服用すれば空腹時に胃痛を訴える事もなくなるでしょう。
しかし、高齢型慢性胃炎の場合は胃酸の問題ではなく胃の機能の問題なので、
胃酸を分泌させるための薬や食べたものの消化を助けるような薬が処方されます。

ただ、薬を飲んだらすぐに治るというものではないので、
完治するまで気長にゆっくりとお付き合いしていくようにしましょう。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胸焼け解消法


飲み会や普段の食事の時などに飲み過ぎたり食べ過ぎたり、
脂っこい食べ物を食べたりすると胸焼けになる事ってありませんか?
年を取ってくると胸焼けする事が多くなると言われていますが、
この胸焼けをすぐに解消する方法はないのでしょうか。

一番良い解消法はそもそも食べ過ぎたり飲み過ぎたりしない事です。
お酒などの量も適量にして腹八分目で抑えるようにすれば胃酸もそこまで多くならないので
まずは日々の食生活の改善が大事でしょう。

もう一つは漢方が効果的です。
ついつい飲み過ぎたり食べ過ぎたりして胸焼けになってしまっても
自分に合った漢方を見つける事ができれば早いうちに解消させる事ができるのでおススメです。
漢方は薬剤師の人に説明すれば自分に合ったものを選んでくれるので訊ねてみるといいでしょう。

また、姿勢も非常に大事です。
食事をしている時やその後に猫背になってしまっていると胃を圧迫したり
上手く消化させる事ができなくなるので胃酸が多く分泌されます。
そうなると胃酸が食道の方まで逆流してくる恐れがあるので、
日々の姿勢をただすというのも胸焼け解消の方法と言えるでしょう。

胸焼けは放っておくと病気を引き起こしてしまう危険性があるので
ただの胸焼けだと馬鹿にせずしっかりと対処していくようにしましょう。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレス性胃炎の治療方法


自律神経が乱れたままになると知らず知らずのうちに
ストレス性胃炎を引き起こす可能性があります。

自律神経は内臓の働きなどをコントールしている神経なので
そこが乱れてしまうと上手く働かなくなり、
胃酸が多く分泌されてしまったりして胃炎を起こすようになります。

そもそも自律神経はどのようにしてみだれてしまうのかというと、
精神的緊張が強く出てしまうと自律神経もいつものように働く事ができなくなってしまうから
結果的に乱れてしまうと言われています。

では、ストレス性胃炎になってしまった場合はどのような治療を受けるのでしょうか?
基本的にストレス性胃炎では薬を服用して徐々に治していくという治療が多いようです。
使用する薬は胃酸の量を抑える薬や胃酸を中和させる薬なのでそこまで危険のある薬ではありません。

しかし急性ストレス性胃炎の場合は胃潰瘍になると手術を受ける必要も出てきます。
胃潰瘍になると今までに感じた事のないような痛みが腹部に感じられるようになるので
これはおかしいと思ったら胃潰瘍を疑うのも良いかもしれません

しかし、そこまで酷くなっていないのであれば薬で治したり、日々の生活に気を付ける事で治せます。
ストレス性胃炎は名前の通りストレスが原因となっているので、
そのストレスの原因を探る事が一番の治療かもしれませんね。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胸焼けの症状を起こす病気


数ある病気の中には胸焼けを一つの症状とする病気があります。
特にたくさんの量を食べてもいないし飲み過ぎてもいないのに胸焼けがしたり、
暴飲暴食が原因で胸焼けの症状が出たりなど
病気によって症状の出方というものは違ってきます。

例えば食事をしてから1時間をすぎるとみぞおちが痛くなったり胸焼けがしたり、
げっぷをするといつも酸っぱい感じがする場合は胃酸過多になっていたり十二指腸潰瘍の恐れがあります。
胃酸過多などとは違ってげっぷが苦く感じたり右のお腹や背中などに痛みを感じる場合は、
胆のう炎や胆石症などの病気になる恐れがあります。

胸焼けの他に胃酸が食道まで逆流してくる場合は逆流性食道炎の可能性があります。
この他にも食事をしたあとに嘔吐してしまったり胸焼け、食欲不振などを訴え始めたら
慢性胃炎やもしかしたら胃がんである可能性も捨て切れません。

たかが胸焼けと思っている人もいますが、
その他の症状を見てみるとこれだけの病気の可能性がでてきますし
緊急を要する病気もあるのでこれらの症状に当てはまっているという人は
念の為に一度診てもらった方がいいかもしれませんよ。

可能性があるにも関わらず放っておくと後々大変な事になるかもしれませんので、
おかしいと思ったらすぐに病院へ行きましょう。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食道がんにはどんな症状が現れるのか


食道がんという病気はとても恐ろしく、発見が遅れてしまうと1年以内に死亡してしまうと言われています。
そこで早期発見が鍵となってくるのですが、食道がんにはどんな症状があるのでしょうか?

食道がんで起こる症状は喉や胸がつかえるようになったり、
物を飲み込んだ時にしみるようになったりするというような症状があります。

しかし、こういった症状があるにも関わらず特に気にしなかったり放置してしまう事が多いようです。
まさかこの症状が食道がんであるとは夢にも思いませんし思いたくもありません。
なので大したことはないだろうと放っておく事があります。

この状態を放っておくとちゃんと食事を取っているにも関わらず
体重が異常に落ちていくという症状にまで進行してしまいます。
この時に初めて病院へ行って食道がんであった事を知る人も少なくはありません。

食道がんなどは初期症状がほとんどと言って良い程ないので早期発見がしづらかったりしますが、
喉に何らかの違和感がある時は万が一の可能性もあるので早めに病院へ行きましょう。
この病気になってしまう人の多くはタバコやお酒愛用している人で、
性別でいうと男性の方が発症率が高いようです。

また、年齢も高くなればなるほど確率も上がると言われていますが、
性別や年齢に関係なく病気になる時はなってしまうので
少しでもおかしいと思ったらすぐに病院で診察を受けてください。
posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。