空咳が止まらない原因とは


風邪が治ったのに空咳が止まらないといったり
特に何の病気にもかかっていないのに空咳が止まらないという場合は咳喘息である場合があります。

咳喘息は空咳が止まらないだけで後の症状はなく、
喘息のように呼吸困難になる事もまずありません。
しかし、いきなり咳が出て止まらなくなったりするので仕事をしている時や
誰かと話している時などは困りものです。
それに夜中にいきなり咳が出る事もあるので期間が長いとストレスが溜まってしまうかもしれません。

咳喘息になってしまう原因はいくつかあるので人によって違うと思いますが、
花粉が入ってしまったり黄砂やタバコ、風邪が原因で咳喘息になってしまうようです。
花粉や黄砂などを肺まで吸い込んでしまうとこの異物を体から追い出そうとして
それが咳喘息となって現れるのだそうです。
風邪の場合も同じです。

風邪を引いている時に肺にの粘膜に付着した異物を追い出そうとして咳喘息になるのです。
なので、咳からこの病気になった時は風邪が長引いていると勘違いしてしまう事も多いようです。
だからこの時期に空咳が止まらなくなったりタバコの煙を吸って咳が止まらなくなったりした場合は
早めに病院へ行って診てもらうようにすると良いですよ。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃痛や胸焼けは何が原因で起こるのか


胃には胃痛や胸焼けなどいろいろありますが、
胃痛と胸焼けってどんな症状を引き起こすものなのでしょうか?

まず胃痛ですが、胃痛は胃酸の出過ぎで胃に刺激を与えてしまった事により痛みを感じるというものです。
ストレスや食べ過ぎなどで胃酸が多く出てしまうと胃痛になってしまうので気を付けるようにしましょう。
この他にも潰瘍が起こると胃痛になる事もありますし、
ヘリコバクター・ピロリという細菌に感染する事で胃痛になる事もあるようです。
胃痛になるとただれたり赤く腫れてしまいます。

そして胸焼けですが、胸焼けも主に胃酸が原因で起こると言われています。
たくさん食べてしまったり飲み過ぎてしまったりすると胃酸が多く分泌されるようになり、
その分胃酸が逆流してしまいやすくなります。

胃酸が逆流すると胸が焼けるような感じがしたり不快感が出てくると思いますが、
これは胃液が食道を溶かしてしまっている事が原因だそうです。
ただ、胸焼けは胃痛のように痛みはありません。

どちらも胃酸が原因で起こる症状なので胃酸の分泌を抑える薬を飲んだり、
食べ過ぎ飲み過ぎに気を付けるといいでしょう。
この症状が酷いと病気を患ってしまっている可能性も出てくるので
いつもより酷いと感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。