好酸球性食道炎とはどんな病気?


現在ではいろいろな病気があるので中にはあまり知られていない病気もあったりしますよね。
比較的患者の多い病気の場合はテレビ等でも取り上げられることがあるので
知っている人も多いですが、そこまで多くない病気に関しては
自分で調べるなどをしないと分からないものです。

このようにあまり知られていない病気だけれど最近患者が増えつつあるものは
好酸球性食道炎という病気です。
名前だけ聞いても疑問符しか思い浮かばないかと思いますが、
この病気は「好酸球」という白血球の種類の一つが食道の粘膜に炎症を起こすことで発症する病気です。

この状態を放っておくと狭窄や食道の機能障害といった病気も起きてしまいかねないので、
少しでもおかしいと思ったらすぐにでも病院へ行くようにしましょう。

好酸球性食道炎は食べ物に含まれている抗原というものに反応して
アレルギー症状のようなものを起こしていると言われています。

何かのアレルギー持ちである人もこの病気になる可能性がありますが、
特に何もない人でも起こりかねませんし、
この病気のせいでアレルギー性疾患を発症してしまう可能性もあるようです。

主な症状は年齢によって違いがみられます。
幼児期であれば哺乳障害、学童期であれば吐き気、それ以降は嚥下障害、腰痛、胸の痛み、胸焼け
といった症状が現れるようになると言われているので、
子供がいる場合は子供のことも気に掛けるようにするといいですよ。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹時血糖値が高いと何が起こるの?


通常血糖値というものは食後1時間程度がピークでその後は徐々に下がり、
2時間後には空腹時と同じ値まで下がるとされています。

血糖値は食事をすることで一時的に上がりはしますが、
何も食べなければ特に上がったりすることはありません。
ですが、人によっては空腹時血糖値が高い人もいるので要注意です。

空腹時血糖値が高いと何がいけないのかと不思議に思う人も多いですが、
食後になかなか血糖値が下がらなかったり空腹なのに血糖値が高かったりすると
糖尿病の恐れが出てくるので一度病院で血糖値を測ってもらうといいかもしれませんよ。

しかし空腹時血糖値が高いというだけで糖尿病と判定されるわけではなく、
食後血糖値なども測った結果、規定の数値より高い状態あると糖尿病として診断されるのだそうです。

ではどうして空腹時血糖値が高くなるのかというと、
一番の理由としては生活習慣の乱れが原因になっているかと思います。
夜遅くまで起きていることが多かったりバランスの悪い食事などをしていると
血糖値が高くなる傾向にあるそうなのです。

好きなものを食べて好きな時に寝たいという人が多いかもしれませんが、
それでは糖尿病になってしまう危険性もあるので日頃の生活習慣を見直して
改善していく努力をしてみてはいかがでしょうか。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹時に腹痛になるのは胃炎などが原因


今までと同じような生活をしてきたのになぜか最近空腹時に腹痛を感じるようになってきた
という場合はもしかしたら慢性胃炎十二指腸潰瘍の疑いがあるので、
一度病院に行って詳しく検査を受けた方がいいかもしれませんよ。

空腹時に腹痛や胃痛、吐き気、膨満感、もたれ、胸焼けといった症状が出る場合は
典型的な慢性胃炎や十二指腸潰瘍です。
ネットで調べるなどしてみれば詳しいことが分かるでしょう。
慢性胃炎や十二指腸潰瘍といった病気は主に胃酸が原因になっていることが多いです。

通常の場合、空腹時であればそこまで胃酸が分泌されることはないのですが、
こういった病気にかかっている人や疑いがある人の多くは
空腹時でも大量の胃酸が分泌される胃酸過多になってしまっていることがあります。

胃の中に何もない状態で胃酸が大量に分泌されると
その胃酸により胃がダメージを受けるなどして胃痛や腹痛といった症状が現れるようになるのです。

ただずっと胃痛や腹痛があるのではなくて、胃の中に何か食べ物などを入れると自然に治まるようですね。
なので、ただの空腹だったのかと勘違いしてしまうこともあるようですが、
あまりにも頻繁に起こるのであればただの空腹ではなく病気の可能性が大きくなります。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空腹感がないのは病気のせい?


普通であれば食事をしてから次の食事をするまでに空腹感があるかと思います。
特に一日中体を動かすような仕事をしていたり、
学校で部活動に励んでいるような人であれば尚更なのですが
中には体を目いっぱい動かしているのにあまり空腹感がないという場合は
少しばかり注意した方がいいかもしれませんよ。

私たちはなぜ空腹だと感じるのかというと、腸が活発に動いて食べ物が入る隙間を作るからなのです。
多くの人が胃の中に食べ物が無くなるからだと思うかもしれませんが、
胃の中の食べ物は大体12時間程度時間が経たないと完全に空っぽになることはないのだそうです。

ですが、腸が活発に動いて隙間を作ると
その部分に食べ物を入れることができるようになるので、お腹が空くのです。

ですが、中には空腹感がないという人もいます。
これはなぜなのでしょうか?

空腹感がない場合は病気の疑いがあります。
全く食べていないのに空腹感がない場合は慢性胆嚢炎や慢性嚢炎、慢性胃炎などなど
いろいろな病気があるので注意するようにしましょう。
また食欲不振である場合もあるのでまずは病院へ行って
自分はどんな病気なのか何が原因なのかをきちんと説明してもらうようにするといいですよ。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食後の胃痛は何が原因になっているのか


美味しい食べ物を食べてお腹がいっぱいになると凄く満足した気分になりますよね。
普通はこれで他に感じるものはありませんが、
中には食後、何十分かしたら胃痛になってしまう人もいるようです。
今までは特に問題は無かったのに最近は食後、胃痛になってしまう事が多くなったと感じる人は
病気が原因になっているからかもしれません。

食後に胃痛になってしまう原因は胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
機能性胃腸症、逆流性食道炎などである可能性があります。
胃炎の場合は胃酸過多が原因で、食事をすると胃酸が異常に分泌され
食後だけではなく、空腹時にも胃痛を訴えるようになると言われています。
腹痛.jpg
胃炎のように胃酸が多くなり、粘膜組織などに傷を付けてしまうようになると
胃潰瘍になってしまう恐れもあります。
胃潰瘍の場合は空腹時にも胃痛になりますし、食後20分程度経過してからや
夜中に胃痛を訴える事もあるようです。

逆流性食道炎の場合はストレスが主な原因となっていて、
大きなストレスを抱えていたり慢性的なストレスだったりする人に多く現れます。
ストレスを溜め込み過ぎると胃から胃酸が過剰に分泌されるようになり、
そこから胃痛を訴え逆流性食道炎になるのだそうです。

食後の胃痛は特に気にする人がいない場合が多いので見逃してしまいがちですが、
このような病気になってしまっている可能性もあるので
わずかな原因も見逃さないようにしておきましょう。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食後や空腹時の胃痛の原因


みなさんの中で食後に胃痛を感じた事はありませんか?
特に悪いものは食べていないにも関わらず食後から20分程度経った時に突然胃痛になると
どうしたんだろうと思う事はあっても特に気にはしないと思います。

しかし、食後の胃痛だけではなく、2、3時間程度経った時の空腹時にも
胃痛を訴えるようになると病気である可能性があるので気のせいで片付けないようにしましょう。

食後や空腹時に胃痛を訴える場合は胃酸過多症である場合が非常に高いです。
胃酸過多症の人は食後だけではなく空腹時にも胃酸を大量に分泌してしまいます。
そうなると胃痛だけではなく心窩部痛(しんかぶつう)というみぞおちに感じる痛みや、
胸焼けなどの症状が現れるようになります。

また、胃酸過多症の人は飲酒や喫煙、刺激の強い食べ物を食べた時、
精神的疲労などを感じる時に症状が起きやすいと言われています。
なので、胃痛を感じるようになったらお酒を飲んだり刺激の強い食べ物や、
極端に温度の高いものや低いものを体にいれないようにしましょう。

こういった症状が現れる病気は胃酸過多症以外にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがあります。
症状は同じようなものなので判断しにくいかと思いますが、
病院に行けば正しい判断をしてくれると思うので早めに受診するようにしましょう。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆流性食道炎とストレスは深い関係がある


逆流性食道炎を患っている人の多くはストレスを溜め込んでしまっている可能性が高いです。
溜め込んでいなくても一度に大きなストレスを感じたりする人もこういった病気になりやすいでしょう。
ただ、小さなストレスは関係ないので心配する必要はありません。

慢性的なストレスになってしまっている場合や大きなストレスを一気に感じると、
胃の中で胃酸が大量に分泌されるようになります。
そうなると胃痙攣や胃潰瘍にもなりやすくなってしまうのですが、
ストレスが原因で胃酸が大量に出ると胃の中の運動も鈍くなってしまいます。

しかし、胃酸は大量に出ているのでどうにかしなければならないのですが、
どうにもならず胃酸過多になってしまうと胃酸が食道を逆流するようになります。

逆流した胃酸は胃だけではなく、食道の内壁まで傷をつけてしまうようになります。
傷が付いた部分は炎症を起こすようになり、逆流する度に炎症を大きくしていく事もあります。
これを逆流性食道炎というのです。

逆流性食道炎を治すにはストレスを解消する事が良いですが、
そう言われても簡単に解消させる事はできません。
なので、最近胸焼けするようになったり逆流する事が多くなったと感じたら
すぐに病院へ行って正しい診察を行ってもらい、薬で治していくようにしましょう。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食後の胸焼けは何が原因なのか


食後に胸焼けが起こる事って良くありますよね。
でも薬を飲んだりすればすぐに治るものなので
そこまで大したことじゃないと思っている人も多くいるんじゃないでしょうか?
でも実際は病気を引き起こす可能性のある症状だという事を良く覚えておきましょう。

食後に胸焼けが起こる場合はいくつかあります。
一つ目は単純に食べ過ぎや飲み過ぎが原因で起こっている胸焼けです。
この場合は市販薬でも治す事ができます。
二つ目は胃炎です。
胃炎の場合は食後に胸焼けや胃痛、吐き気といった症状があります。

中には何も食べていない時に胃痛になる事もあるようです。
しかもこれと同じような症状で胃がんや十二指腸潰瘍という病気もあるので侮る事はできません。
三つ目は上記でも胃・十二指腸潰瘍です。

症状は上記で書いたものの他にみぞおちの周辺が痛んだり酸味のあるげっぷが出たりするようです。
食後2〜3時間でこういった症状が出るようなので
これらに当てはまる人はこの病気を疑ってみるといいかもしれません。

食後に胸焼けが起こってしまうのは病気の他にストレスや肥満もあると言われていますし、
食後の体勢に問題がある時もあるので普段自分がどんな行動を取っているのか、
そして自分は肥満になってしまっていないかなどを良く確認するようにしましょう。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠初期に起こる胸焼けの原因と改善


妊娠初期の頃はいろんな症状に悩まされてしまいますよね。
一番辛いのがつわりだと思いますが、この他にも胸焼けが酷いという事もあるんです。
つわりの時は食べ物などの匂いをかいだだけでも吐き気がしたり異常にイライラしたり、
何も食べていないのに嘔吐してしまったりなどいろいろですが、
胸焼けも妊娠初期の辛い症状として挙げられています。

妊娠初期に胸焼けを起こす理由は妊娠ホルモンが原因とされています。
妊娠ホルモンが分泌されるようになると腸の活動がいつもより遅くなります。
そうすると胃も消化するまでに時間がかかってしまうのでその分
長く胃酸が胃の中に留まるようになってしまいます。

また、妊娠ホルモンが出ている間は胃の筋肉が緩くなるので
胃が縮んだ時に胃酸が逆流しやすくなってしまいます。
こういった事が原因で妊娠初期やその後も胸焼けしやすくなってしまうのだそうです。

では、どうすれば胸焼けが起こらなくなるのかというと、
まず食事の量を少なくして食事の回数を増やすようにしましょう。
一回に食べる量が少なければ胃酸の量も少なくなるし逆流しにくくなるのでおススメです。
また、肉や脂っこいものは胃酸が多く出やすくなりるのでこれらの食べ物はできるだけ避けましょう。
そしてアイスクリームや牛乳などを飲んで胃を守ってあげるのも効果的です。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆流性食道炎は何が原因で発症するの?


逆流性食道炎は胃の中にある胃酸が食道まで逆流してしまったり
胸焼けがしたりととても不愉快になる病気です。
薬で治す事ができると言っても治るまではこの症状が出続けるので嫌になるかと思いますが、
逆流性食道炎になってしまう原因とは一体何なのでしょうか?

逆流性食道炎になってしまう原因の一つは
食道と胃の間にある筋肉の働きが低下してしまう事で起こると言われています。
この筋肉は下部食道括約筋と呼ばれているのですが、
主に食べたものや胃酸が逆流してしまなわないようにするのがこの筋肉の仕事です。
しかし、下部食道括約筋の働きが低下してしまうと食べ物や胃酸が逆流しやすくなってしまいます。

この筋肉は老化により低下する事が多いので高齢の方の方が発症しやすいと言われています。
また、この他にも大量に物を食べたり飲んだりする事が原因でこの病気になる場合もありますし、
ストレスやお酒、タバコが好きな人も逆流性食道炎になってしまう事が多いようです。

大量に物を食べたり飲んだりしているとその分胃酸も多く分泌されるようになるので、
逆流する可能性も高まりますし胸焼けもしやすくなります。
ストレスやお酒、タバコなどはこの病気を発症しやすくなるので気を付けましょう。

年齢や性別などに関係なく誰にでも起こり得る病気なので食べ過ぎなどには十分注意してください。
posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。