空腹時血糖値が高いと何が起こるの?


通常血糖値というものは食後1時間程度がピークでその後は徐々に下がり、
2時間後には空腹時と同じ値まで下がるとされています。

血糖値は食事をすることで一時的に上がりはしますが、
何も食べなければ特に上がったりすることはありません。
ですが、人によっては空腹時血糖値が高い人もいるので要注意です。

空腹時血糖値が高いと何がいけないのかと不思議に思う人も多いですが、
食後になかなか血糖値が下がらなかったり空腹なのに血糖値が高かったりすると
糖尿病の恐れが出てくるので一度病院で血糖値を測ってもらうといいかもしれませんよ。

しかし空腹時血糖値が高いというだけで糖尿病と判定されるわけではなく、
食後血糖値なども測った結果、規定の数値より高い状態あると糖尿病として診断されるのだそうです。

ではどうして空腹時血糖値が高くなるのかというと、
一番の理由としては生活習慣の乱れが原因になっているかと思います。
夜遅くまで起きていることが多かったりバランスの悪い食事などをしていると
血糖値が高くなる傾向にあるそうなのです。

好きなものを食べて好きな時に寝たいという人が多いかもしれませんが、
それでは糖尿病になってしまう危険性もあるので日頃の生活習慣を見直して
改善していく努力をしてみてはいかがでしょうか。


posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。