逆流性食道炎とストレスは深い関係がある


逆流性食道炎を患っている人の多くはストレスを溜め込んでしまっている可能性が高いです。
溜め込んでいなくても一度に大きなストレスを感じたりする人もこういった病気になりやすいでしょう。
ただ、小さなストレスは関係ないので心配する必要はありません。

慢性的なストレスになってしまっている場合や大きなストレスを一気に感じると、
胃の中で胃酸が大量に分泌されるようになります。
そうなると胃痙攣や胃潰瘍にもなりやすくなってしまうのですが、
ストレスが原因で胃酸が大量に出ると胃の中の運動も鈍くなってしまいます。

しかし、胃酸は大量に出ているのでどうにかしなければならないのですが、
どうにもならず胃酸過多になってしまうと胃酸が食道を逆流するようになります。

逆流した胃酸は胃だけではなく、食道の内壁まで傷をつけてしまうようになります。
傷が付いた部分は炎症を起こすようになり、逆流する度に炎症を大きくしていく事もあります。
これを逆流性食道炎というのです。

逆流性食道炎を治すにはストレスを解消する事が良いですが、
そう言われても簡単に解消させる事はできません。
なので、最近胸焼けするようになったり逆流する事が多くなったと感じたら
すぐに病院へ行って正しい診察を行ってもらい、薬で治していくようにしましょう。


posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。