妊娠初期に起こる胸焼けの原因と改善


妊娠初期の頃はいろんな症状に悩まされてしまいますよね。
一番辛いのがつわりだと思いますが、この他にも胸焼けが酷いという事もあるんです。
つわりの時は食べ物などの匂いをかいだだけでも吐き気がしたり異常にイライラしたり、
何も食べていないのに嘔吐してしまったりなどいろいろですが、
胸焼けも妊娠初期の辛い症状として挙げられています。

妊娠初期に胸焼けを起こす理由は妊娠ホルモンが原因とされています。
妊娠ホルモンが分泌されるようになると腸の活動がいつもより遅くなります。
そうすると胃も消化するまでに時間がかかってしまうのでその分
長く胃酸が胃の中に留まるようになってしまいます。

また、妊娠ホルモンが出ている間は胃の筋肉が緩くなるので
胃が縮んだ時に胃酸が逆流しやすくなってしまいます。
こういった事が原因で妊娠初期やその後も胸焼けしやすくなってしまうのだそうです。

では、どうすれば胸焼けが起こらなくなるのかというと、
まず食事の量を少なくして食事の回数を増やすようにしましょう。
一回に食べる量が少なければ胃酸の量も少なくなるし逆流しにくくなるのでおススメです。
また、肉や脂っこいものは胃酸が多く出やすくなりるのでこれらの食べ物はできるだけ避けましょう。
そしてアイスクリームや牛乳などを飲んで胃を守ってあげるのも効果的です。


posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。