ストレス性胃炎の治療方法


自律神経が乱れたままになると知らず知らずのうちに
ストレス性胃炎を引き起こす可能性があります。

自律神経は内臓の働きなどをコントールしている神経なので
そこが乱れてしまうと上手く働かなくなり、
胃酸が多く分泌されてしまったりして胃炎を起こすようになります。

そもそも自律神経はどのようにしてみだれてしまうのかというと、
精神的緊張が強く出てしまうと自律神経もいつものように働く事ができなくなってしまうから
結果的に乱れてしまうと言われています。

では、ストレス性胃炎になってしまった場合はどのような治療を受けるのでしょうか?
基本的にストレス性胃炎では薬を服用して徐々に治していくという治療が多いようです。
使用する薬は胃酸の量を抑える薬や胃酸を中和させる薬なのでそこまで危険のある薬ではありません。

しかし急性ストレス性胃炎の場合は胃潰瘍になると手術を受ける必要も出てきます。
胃潰瘍になると今までに感じた事のないような痛みが腹部に感じられるようになるので
これはおかしいと思ったら胃潰瘍を疑うのも良いかもしれません

しかし、そこまで酷くなっていないのであれば薬で治したり、日々の生活に気を付ける事で治せます。
ストレス性胃炎は名前の通りストレスが原因となっているので、
そのストレスの原因を探る事が一番の治療かもしれませんね。


posted by 食道炎 at | 病気の症状について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。