逆流性食道炎は何が原因で発症するの?


逆流性食道炎は胃の中にある胃酸が食道まで逆流してしまったり
胸焼けがしたりととても不愉快になる病気です。
薬で治す事ができると言っても治るまではこの症状が出続けるので嫌になるかと思いますが、
逆流性食道炎になってしまう原因とは一体何なのでしょうか?

逆流性食道炎になってしまう原因の一つは
食道と胃の間にある筋肉の働きが低下してしまう事で起こると言われています。
この筋肉は下部食道括約筋と呼ばれているのですが、
主に食べたものや胃酸が逆流してしまなわないようにするのがこの筋肉の仕事です。
しかし、下部食道括約筋の働きが低下してしまうと食べ物や胃酸が逆流しやすくなってしまいます。

この筋肉は老化により低下する事が多いので高齢の方の方が発症しやすいと言われています。
また、この他にも大量に物を食べたり飲んだりする事が原因でこの病気になる場合もありますし、
ストレスやお酒、タバコが好きな人も逆流性食道炎になってしまう事が多いようです。

大量に物を食べたり飲んだりしているとその分胃酸も多く分泌されるようになるので、
逆流する可能性も高まりますし胸焼けもしやすくなります。
ストレスやお酒、タバコなどはこの病気を発症しやすくなるので気を付けましょう。

年齢や性別などに関係なく誰にでも起こり得る病気なので食べ過ぎなどには十分注意してください。


posted by 食道炎 at | 原因と予防方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。