民間療法で胃酸過多症を改善する


胃酸過多症というとちょっと危ないような感じがしますが、一般的には胸焼けと呼ばれています。
胃酸過多症の主な症状は胃液が逆流してすっぱく感じたり、
胸が焼けるような感じがするものでとても不愉快な気分になりますが、
この胃酸過多症は民間療法で簡単に治す事が出来るんですよ。

例えば大根おろしを作ってそこに醤油をかけます。
それを食事と一緒にとるととても高い効果を期待する事ができます。
この他にも大根おろしと玉ねぎ、トマト、
レタスなど5種類以上の野菜を生で食べる事で胃酸過多症の症状を抑える事ができます。

昆布を焼いて食べるのも胸焼けには効果があるので足す価値はあると思いますよ。
ただ、こういった食べ物を毎食食べていたとしても
食事のメニューに問題がある場合はあまり効き目がない事もあるので注意しましょう。
民間療法だとお金もそこまでかからないし簡単にできるのでおススメです。

胃酸過多症に悪い食べ物は肉、コロッケや天ぷらなどの脂っこい食べ物、
糖分がたくさん入ったケーキや駄菓子などで、
飲み物でいうとお酒全般、コーヒー、炭酸類などが良くないとされています。
ただ、これらを食べるなとは言えないのでそこまで我慢する必要はありませんが、
食べる量、飲む量には気を付けるようにしてください。

民間療法は意外と侮る事ができないので一度試してみてはいかがでしょうか?


posted by 食道炎 at | 治療方法と気を付けたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。