逆流性食道炎の治療方法


逆流性食道炎とは胃酸が食道の方まで逆流してしまう事が原因で起こる炎症の事です。
これは最近の日本人に多く現れる傾向があるようです。
理由として挙げられるのは食の欧米化が原因とされています。

昔はそこまで肉を食べたりする事もなく、ほとんど野菜や魚でしたが
欧米化が進むにつれて肉を好んで食べる人が多くなりました。
なので、この逆流性食道炎は年齢に関係なく起こる病気なのですが
もしこの病気にかかってしまった場合はどんな治療を受ける事になるのでしょうか?

逆流性食道炎の治療は主に日々の食事の仕方やその他の生活習慣を見直したり、
薬での治療が一般的とされています。
薬には胃酸の量を抑えるものや消化活動を促すもの、粘膜を保護してくれるものなどいろいろあります。
しかし、中には薬を飲んでも効果が無い人がいます。
こういった時には外科治療を受ける事になるでしょう。

外科治療は主に手術を行うので胸や腹部を切る必要があります。
手術を受ければ短期間で症状を改善させて元通りの生活を送る事ができるようになるので、
薬ではなく手術を受ける人も多くいるようです。
また、逆流性食道炎の手術は保険が適用されているので利用してみるといいかもしれません。
ただ手術の場合はお腹を切ったり内臓を切ったりするので後に痛みが来る事を忘れてはいけません。


posted by 食道炎 at | 逆流性食道炎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。