逆流性食道炎になりうる食事の具体例


逆流性食道炎を防ぐには日々の食事に気を付けなければならないと言われていますが、
具体例をあげてどんな事に気を付けなければならいのか書いてくれないとちょっと分かり難いですよね。

逆流性食道炎は胃酸がたくさん出ると起こりやすい病気です。
なので胃酸をあまり分泌させないような食事を心掛けないといけません。

逆流性食道炎を起こしかねない食事の具体例を挙げるのであれば、
まず牛肉や豚肉などの肉を使った料理やコロッケ、天ぷらなどの脂っこい食べ物、
糖類が多く含まれているお菓子やケーキ、トウガラシを大量に使った辛い食べ物、
炭酸飲料や脂肪が多く含まれている食べ物です。

こういった食事を毎日続けて、しかも食べ過ぎと言わんばかりに食べていると
逆流性食道炎になる危険性が高まります。

ですので逆流性食道炎にならない為にはなるべく食べないようにしたり、
もしくはもう肉を食べないようにしたり、魚や野菜を中心にした食事にする事が大切です。
また、何よりも食事の量にも気を付けましょう。
満腹やそれ以上食べてしまうと胃酸が多く分泌されてその分逆流もしやすくなってしまいます。
それを防ぐためにも腹八分目程度に抑えておくようにしましょう。

逆流性食道炎を防ぐ具体例はあまりありませんが、
日々の食生活を見直すだけでも随分変わって来るので是非実践してみてください。


posted by 食道炎 at | 逆流性食道炎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。